コアツールの必要性

  • IATF16949では、先行製品品質計画(APQP)、製品承認プロセス(PPAP)、故障モード影響解析(FMEA)、統計的工程管理(SPC)、及び測定システム解析(MSA)の5つのコアツールという技法について、それぞれの参照マニュアル(reference manual)に従うことを求めています。
  • これらの技法は、各々の適用部門及び担当スタッフにおいて運用の仕組みを構築し、実践することになりますが、IATFの内部監査員はこれらの実践状況が適切かつ有効であることを検証しなければなりません。
  • IATF16949:2016規格要求事項では、コアツールの参照マニュアルに適合していること及びIATF内部監査員の力量要求として具体的に求めており、従来に増してその必要性が高まってきています。

IATFコアツール研修会の概要

  1. APQP(先行製品品質計画)、CP(コントロールプラン)、PPAP(生産部品承認プロセス)、FMEA(潜在的故障モード影響解析)、SPC(統計的工程管理)及びMSA(測定システム解析)について手法の概要とIATF16949規格との関係について解説します。
  2. IATF16949を構築、運用する場合、規格要求事項及び顧客要求事項としてその使用を求められており、必須のツールとして導入する必要があり、研修会では運用方法の基本について演習を通じて修得します。
  3. 各コアツールの概要

 @APQP(先行製品品質計画)

  • APQPは、製品品質計画とコントロールプランとで構成されています。製品品質計画とは新製品企画開発段階から生産着手までを5段階に分けて、各段階で検討する項目(インプット項目とアウトプット項目)について定めた指針です。

 ACP(コントロールプラン)

  • CPは、部品とプロセスを管理するシステムを記述した品質計画書です。既に各企業ではQC工程図として導入されていますが、IATF16949で要求するCPとの共通点及び相違点について解説します。 

 BPPAP(生産部品承認プロセス)

  • PPAPは、サプライヤー(IATF16949導入企業)が顧客の設計文書・仕様書に示された要求事項を正しく理解しているかを判定し、プロセスが必要な生産能力を持っているかどうかを判定するために、生産部品(生産材料・バルク部品)承認のための要求事項を規定したものです。

 CFMEA(潜在的故障モード影響解析)

  • FMEAは、製品・プロセスの潜在的故障と影響を評価し、その発生の機会を低減するための処置を決定するための活動を規定したものです。

 DSPC(統計的工程管理)

  • SPCは、要求事項を満たした製品を一貫して生産するために、工程を統計的手法を用いて管理する方法を規定したものです。統計的手法についても初心者でも理解できるようにご指導します。

 EMSA(測定システム解析)

  • MSAは、測定機器、測定要員、測定手法などから構成される測定システムの信頼性についての評価手法です。偏り、直線性、安定性、繰返し性及び再現性の5特性に関しての統計的解析・評価の実施について、計量値及び計数値のGR&R演習を通して理解します。

本講座の特長とカリキュラム

台風 本講座の特長

  1. コアツールを構築、運用するスタッフに対して手法の解説、演習を通じてわかりやすく解説します。
  2. 簡易ソフトを使用していただき、統計的手法を優しくかつ実践的に理解していただきます。
  3. コアツールの運用手順、仕組みを構築する必要があり、手順書事例及びビッグ3が提供するリファレンスマニュアルの参考資料をご紹介します。IATF/TSの推進者、管理者にとって有益な参考情報となります。
  4. 演習、簡易統計ソフトの活用により、コアツールを作成する時間を短縮し、ツールの活用、解析を重視したプログラムで実践的に運用できるように配慮しています。
  5. 統計ソフトの活用により、6つのコアツール手法を2日間で修得できるように工夫しました。(これにより研修内容は充実したものになりました
  6. 修了証 発行します。

台風 カリキュラムの概要

IATF16949/コアツール研修会/タイムスケジュール.jpg

台風 受講対象者

  •  IATF16949導入に関心のある企業の管理者、推進者及びスタッフ
  • IATF16949認証取得活動でコアツールの仕組みと実践が必要な企業の管理者、推進者及びスタッフ
  • 自動車部品や自動車関連機器メーカーの管理者及びスタッフ

台風 受講者の研修前準備事項 

  • 演習用テキストデータ(エクセル)の各PCへのインストール
  • Stat Worksソフトのインストール(演習用としては無料ソフトを事前案内の手順によりダウンロードして使用)
  • ノートPC及び関数計算のできる電卓を持参
  • IATF16949:2016規格及びISO9001:2015規格の事前学習

研修費用など

台風 企業内講師派遣型で実施致します

  1. 内部監査員+部門責任者等により6名以上の参加者があれば企業内研修がお勧めです。
  2. 希望される企業の都合の良い日程により、企業内セミナーを企画致します。・・・・ご一報下さい。
  3. 一部、企業のニーズによりカリキュラムの追加、変更が可能です。 
  • 費用       147,000円(10名参加の場合)
  • 参加人員   2〜15名の同時参加が可能です→人数別費用の基準はここをクリック
  • 開催地     各実施企業内にコンサルタントがご訪問します
  • 時間      1日目/9:30〜17:00
             2日目/9:30〜17:00
  • 企画提案書作成します。お問い合わせください。

* 問合わせ・ご相談   お問い合わせはこちら.jpg

* 見積もり・企画提案いたします。  企画提案・お見積はこちら.jpg