IATFコアツール研修会の概要

  1. APQP(先行製品品質計画)、CP(コントロールプラン)、PPAP(生産部品承認プロセス)、FMEA(潜在的故障モード影響解析)、SPC(統計的工程管理)及びMSA(測定システム解析)について手法の概要とIATF16949との関係について解説します。
  2. IATF16949を構築、運用する場合、規格要求事項及び顧客要求事項としてその使用を求められており、必須のツールとして導入する必要があり、研修会では運用方法の基本について演習を通じて修得します。
  3. 各コアツールの概要

 @APQP(先行製品品質計画)

  • APQPは、製品品質計画とコントロールプランとで構成されています。製品品質計画とは新製品企画開発段階から生産着手までを5段階に分けて、各段階で検討する項目(インプット項目とアウトプット項目)について定めた指針です。IATF16949及びPPAPと関連付けて理解しやすく解説します。
  • 先行製品品質計画作成演習により、作成のポイントを理解していただきます。

 ACP(コントロールプラン)

  • CPは、部品とプロセスを管理するシステムを記述した品質計画書です。既に各企業ではQC工程図として導入されていますが、IATF16949で要求するCPとの共通点及び相違点について解説します。 

 BPPAP(生産部品承認プロセス)

  • PPAPは、サプライヤー(IATF16949導入企業)が顧客の設計文書・仕様書に示された要求事項を正しく理解しているかを判定し、プロセスが必要な生産能力を持っているかどうかを判定するために、生産部品(生産材料・バルク部品)承認のための要求事項を規定したものです。
  • PSW資料等PPAP申請資料の作成演習を通じて、作成のポイントを理解して頂きます。

 CFMEA(潜在的故障モード影響解析)

  • FMEAは、製品・プロセスの潜在的故障と影響を評価し、その発生の機会を低減するための処置を決定するための活動を規定したものです。FMEA作成演習により、作成のポイントを理解して頂きます。

 DSPC(統計的工程管理)

  • SPCは、要求事項を満たした製品を一貫して生産するために、工程を統計的手法を用いて管理する方法を規定したものです。統計的手法についても初心者でも理解できるようにご指導します。
  • SPC演習では、統計ソフトを活用し、入力及び演算のための無駄な時間を少なくし、解析及び改善のための検討時間を多くし、現場での活用に役に立つような演習を致します。

 EMSA(測定システム解析)

  • MSAは、測定機器、測定要員、測定手法などから構成される測定システムの信頼性についての評価手法です。偏り、直線性、安定性、繰返し性及び再現性の5特性に関しての統計的解析・評価の実施について、計量値及び計数値のGR&R演習を通して理解します。
  • MSAと同じように、統計ソフトを活用し、入力及び演算のための無駄な時間を少なくし、解析及び改善のための検討時間を多くし、現場での活用に役に立つような演習を致します。