ISO14001:2015改訂版の特徴

台風 ISO14001:2015は、2004年版を継承しながら2015.09.14.大幅変更が行われた。

台風 2015年版の特徴は7つの視点から概視することが出来る。

 @戦略的な環境マネジメントへの脱皮

  • EMSが意図した成果を達成するために、経営戦略的に考慮すべき「リスク及び機会」の決定を求めている。
  • 外部の環境状態が組織に影響を与える可能性を含め、望ましくない影響を防止又は低減する。
  • 継続的改善を達成する。
  • 著しい環境側面と順守義務は、「リスク及び機会」に関連しなくとも、従来通りEMSの中でマネジメントすべき対象である。

 Aプロセスの概念の導入

  • プロセスアプローチを通じてEMSの有効性を向上させる。

 B事業プロセスへの統合

  • EMSを事業プロセスへ統合させることは、マネジメントシステム規格を適用する組織にとって有用なだけでなく、、その認証制度の社会的信頼性を確保するためにも不可欠である。

 C経営者のリーダーシップ・責任の強化

  • EMSを経営戦略レベルで展開するには、トップマネジメントのリーダーシップとコミットメントが不可欠である。
  • このため、トップ自らが積極的関与を実証するとともに、組織の中間管理者層に対する始動、支援を行うことが要求されている。
  • 事業プロセスへの統合もトップの実証項目の一つであり、トップ主導で実践しなければ実現しない。
  • 担当役員や部門長に委任した内容の実施状況を確認し、トップ自らがその状況について説明できること即ち「説明責任」が要求されている。

 D対処すべき環境問題の拡大

  • 4つの環境課題への拡大

   <1>汚染の予防・・・2004年版と同様の対応

   <2>持続可能な資源の利用・・・「4.1 組織とその状況の認識」において組織がコミットメントの要否を決定する

   <3>気象変動の緩和及び気候変動への適応・・・「4.1 組織とその状況」において組織がコミットメントの要否を決定する

   <4>環境保護・生物多様性及び自然生息の回復・・・「4.1 組織とその状況」において組織がコミットメントの要否を決定する

  • 従来は、「組織が環境に与える影響」をマネジメントする仕組みであったが、「環境が組織に与える影響」もマネジメントの対象として要求されている。具体的には外部からの課題として対処することとなる。

 E環境パフォーマンスの重視

  • マネジメントシステムの改善から環境パフォーマンスの改善へと重点がシフトしている。(具体的には以下の事項を実践する)

   <1>環境パフォーマンスの向上

   <2>順守義務を満たすこと

   <3>環境目標の達成

   <4>EMSの有効性を継続的に改善

 F順守義務のマネジメントの強化

 Gライフサイクル思考に基づく取組

  • EMSを組織の上流(サプライチェーン)と下流(流通チャネル、顧客、リサイクル、廃棄物処理)に拡大することを指向している。

 Hコミュニケーションの戦略的計画と実施

 I文書・記録などの電子化の促進

台風 2015年版がEMS認証制度に与える影響は大きいため、余裕を持って改訂作業を行うことが肝要である。

  • ISO14001:2015発行日から3年間を移行期間として許容されている。
  • ISO14001:2015は、2015年版発行から3年で無効になる。

ISO14001:2015改定コンサルティングの基本的考え方

(1既存ISO14001:2004のEMS構築資産を活用します。

  • 既存EMSの現状診断を行い、活用できる仕組みを確認します。
  • 他のISO規格取得済み/未取得の企業様の各々のシステム構築負荷は異なります・・・各企業に見合ったコンサルを致します

(2)2015年版で新規作成すべき(又はした方がよい)仕組みは以下ですが、極力少なくします。

  • 環境マニュアル
  • 計画管理規定(2015年版の新規要求事項:4〜6章の戦略的PDCAに対処したシステム)       

(32015年版で対処すべき仕組み及び運用で必要な項目は以下ですが、既存システムを尊重し、構築します。

  • 有効性評価及びパフォーマンス評価への重点思考
  • リスク及び機会への取り組みを含めた戦略的EMS計画の策定と実践
  • プロセスのパフォーマンス評価の仕組み構築及び実践 

(42015年版EMSの運用評価を適切に実施できる以下の運用が必要です。

  • 有効性評価、パフォーマンス評価のできる内部監査員養成
  • 是正処置評価、マネジメントレビュー評価の仕組み改善

(52015年版改訂プロジェクトの作業分担、役割の明確化と全員参加のタイミングに配慮します。

(6)プロジェクトの進度管理により期限内改訂が確実に行えるようにプロジェクト管理を徹底します。

(7)作成する文書のシンプル化につとめます。

  • 他のマネジメントシステムなどで作成済みの文書との融合及び重複の排除
  • 統合マネジメントシステムへの移行が円滑に行えるよう配慮します。
  • これらを配慮して、既存のISO規格を活かしながら統合化がし易いように文書化指導致します。

(8)文書作成が簡単に行えるようにご支援します。(スタッフが少なくても、容易に仕組みが構築できます)

  • 文書事例及び記録様式の雛形をテキストデータ(Word等)でお渡しし、文書作成に役立てていただきます。
  • メール添削により、訪問指導日以外でも、いつでも何回でも丁寧にご指導します。・・・実質的に1.5倍相当のコンサル提供

(9内部監査員養成研修、模擬監査による実践指導審査前の審査対策Q&Aを、コンサルの重要事項としてご指導致します。

ISO14001:2015改訂PJタイムスケジュール

台風 プロジェクトの各段階と作業項目

経過月 フェイズ 作業項目
 
1ヶ月
 
準備・体制づくり
 
  • 導入前自己診断/改訂PJ推進体制の構築(各企業様で事前検討)
  • 推進委員会メンバー及びワーキングGRリーダー教育
  • ISO14001:2015改訂PJオリエンテーション/PJ実行計画作成
  • ISO14001:2015規格解釈及び2004年版との差分解説
  • 既存文書・記録の統合化検討/現状把握
 
1〜3ヶ月
 
システム構築
 
  • 文書・記録様式作成計画
  • EMSマニュアル2015年版:草案作成〜添削・手直し〜完成〜制定(他の規格との統合マニュアルも可能)
  • 新規作成必要な2次文書の草案作成〜添削・手直し〜完成〜制定
  • 既存2次文書等の改訂
  • 新規作成すべき記録様式・改訂すべき記録様式の作成
  • 戦略的EMS方針・目標の設定
  • 環境側面の抽出、著しい環境側面・影響の設定
  • 2015年版対応のプロセス監視・測定計画作成/データ分析計画作成
 
4〜6ヶ月
 
システム運用・評価
 
  • 新EMSの従業員教育
  • 資格認定対象者など教育訓練計画作成〜実施
  • 内部監査員養成研修
  • 新EMS試行〜見直し〜文書改訂
  • 不適合発見〜是正処置〜EMSの改善
  • EMS模擬審査によるシステム運用面の実践的仕上げ
  • 内部監査計画作成〜内部監査実施(内部監査員実践指導含む)〜是正処置
  • EMS方針・目標のレビュー指導/プロセス監視・測定計画レビュー/データ分析レビュー
  • マネジメントレビュー実施(実践指導含む)
 
5〜7ヶ月
 
改訂版審査
 
  • 審査前対策指導
  • 文書審査〜改訂版審査(企業様で対応/2004年版定期審査スケジュール配慮)

 

台風 PJタイムスケジュール

ISO14001−2015移行PJコンサルティング/タイムスケジュール700W.jpg

コンサルタントの訪問による指導方法など

(1)2015年版システム構築を基本とし、月2回の訪問指導、運用支援コンサルはオプションとします。

   イメージとしては、

    第1週の○曜日 13:00〜17:00(4時間)

    *テーマによっては、ご相談の上、臨時的に宿泊も検討します

    同様に、第3週の○曜日 13:00〜17:00(4時間)

(2)実際の研修日は、前月の研修日に都合の良い日程を確認し、都度設定します。

(3)システムの運用は各企業の自力運用を基本としますが、以下の運用支援コンサルティングはオプションとして企画提案致します。

  • 2015年版で追加要求になっている仕組みの運用支援
  • 模擬監査、マネジメントレビューなど実践指導
  • 移行審査前対策支援

(4)内部監査員研修は1日研修で講師がご訪問して実施します。(別途見積もり)→ここをクリック

 

かわいい 標準コンサルティング費用はここをクリック