オプション:システム構築はコンサル支援/システム運用は自力活動型

台風 費用は通常コンサルの約6割で済みます。

経過月

フェィズ

実施内容

1ヶ月

準備・体制づくり

(コンサル支援)

  • 導入前自己診断/認証取得推進体制の構築(各企業様で事前検討)
  • 推進委員会メンバー及びワーキングGRリーダー教育
  • ISO認証取得PJオリエンテーション/PJ実行計画作成
  • IATF16949規格解釈/説明
  • 既存文書・記録の統合化検討/現状把握
  • コアツール研修

2〜6ヶ月

システム構築

(コンサル支援)

   

  • 文書・記録様式作成計画
  • QMSマニュアル草案作成〜添削・手直し〜完成〜制定(他の規格との統合マニュアルも可能)
  • 必要な2次文書及び3次文書の草案作成〜添削・手直し〜完成〜制定
  • 既存2次文書等の改訂
  • 新規作成すべき記録様式・改訂すべき記録様式の作成
  • QMS方針・目標の設定
  • 購買先・外注先評価・選定基準作成/顧客満足調査・評価の仕組み構築
  • プロセス監視・測定計画作成/データ分析計画作成
  • APQP&CP先行製品品質計画:構築/PPAP生産部品承認プロセス:構築
  • SPC統計的工程管理:構築/MSA体制構築
  • 新QMS運用のための実行計画作成(作業項目、役割担当、スケジュールを具体化します)

7〜10ヶ月

システム運用・評価

(自力活動)

企業の皆さんで自力活動していただきます。/以下の項目はオプション選択で支援可能

 

  • オプション@:新QMSの従業員教育計画作成/資格認定対象者など教育訓練計画作成
  • オプションA:内部監査員養成研修(プロセス監査技法)/内部監査計画作成
  • オプションB:QMS模擬審査によるシステム運用面の実践的仕上げ
  • オプションC:QMS方針・目標のレビュー/プロセス監視・測定計画レビュー/データ分析レビュー
  • オプションD:マネジメントレビュー実施(実践指導)
  • オプションE:審査前直前対策

7〜19ヶ月

顧客要求事項への適合

(自力活動)

  • オプションF:顧客要求事項への適合/記録保管及び分析・レビュー

20〜24ヶ月

認証審査

  • 審査前対策指導
  • 文書審査〜第一段階審査〜第二段階審査(企業様で対応)